|カラーサンプルに新色追加!|2020.5.28

先の尖った電球・細長い電球は「シャンデリア電球タイプ」と、いいます|LED電球シャンデリア電球タイプ

あまり普通には目にしないような気がしますが、意外とどこに使っても違和感がなく、シェードによってはこっちの方がオシャレなんじゃないかな、と思う「シャンデリア電球タイプ」をご紹介します。

紹介するLED電球「シャンデリア電球タイプ」

今回ナカオランプの新作で「シャンデリア電球タイプ」を使いたくて調べてみました。
結果、電球本体部分の乳白タイプが今回欲しかったので、選択肢がなく「オーム電機のみ」でした。本当にオーム電機はラインナップが幅広い。E26もE17もあるし、もちろんクリアタイプもある。(乳白タイプ、旧型だとアイリスオーヤマもありましたけど、現行品にこだわるのです)

シャンデリア電球タイプに現存する主なスペック

  • 口金サイズ|E26・E17
  • 電球本体部分|乳白タイプ・クリアタイプ
  • 明るさ|25形(260lm)・40形(440lm)・60形(600lm)
    ※オーム電機・E17乳白参照・普通LED電球よりlm値が低い

購入してみて、質感とかの感想

買ってみたのですが、オーム電機の普通のLED電球は良い意味で家電ではなくおもちゃっぽい感じで安いし好感が持てたのですが…この電球はちゃんと作っている感を出そうとして安さがもろにクオリティに影響していますね。まぁ安いから良いんですけど。

クリアタイプは白熱電球で持っているから、結局どちらも乳白タイプを買ってしまった。
E26|白熱電球とデザインは一緒。E26だけこのタイプが販売されていた。
E17|放熱板のような部分があるタイプのみ。なんか耐久性弱そう…。

実際に点灯させてみます

E26|ナカオランプの浅いシェードに付けてみました。ペンダントライトNOCK

しばらく点けっぱなしにしていましたが、同じ40形のLED電球と白熱電球では熱が全く違いますね。それに雰囲気もLED電球とはわからないレベルなので、現状シャンデリア電球タイプを使用している方は、これに変えるだけで随分電気代も熱も助かると思います。

シャンデリア電球タイプは場所によってはかなり使える

この形の電球でしか出せない雰囲気があって、LED電球が当たり前になった今日では、よりその傾向は強くなっていると思います。レトロと言ってしまうと乱暴かもしれませんが、この形にはクラシックな気配や上品さがあり、設置する場所やシェードの形を選べばかなり使えると言っていいと思います。

電球としてこの商品が「買い」かどうか

オーム電機のこのLED電球が買いかどうか聞かれると「買って損はないくらい」かなとは思います。シャンデリア電球タイプは種類が少ないので、ホームセンターなどで見るとLED電球はかなり高いです。(安いのは白熱か蛍光灯なのでよくパッケージをご覧ください)Amazonだと500円とか700円とかなので、普通に考えればかなり安い方かと思います。ちょっとオシャレにできますし、総合的に合う雰囲気のシェードや場所があれば、普通の電球買うならこっちを付けてみるのもアリだと思います。