|カラーサンプルに新色追加!|2020.5.28

電球の選び方|ボール電球タイプの場合

ナカオランプ
ナカオランプ

照明作家「ナカオランプ」のブログへお越しくださり、ありがとうございます。岡山でランプシェードを製作してます。お問い合わせ頂く内容に基づいて、照明に関する情報を発信しています。

ナカオランプではこのボール電球タイプを使用して写真を撮っている機種がたくさんあります。注意すべき点は以下の2つだけです。

  • サイズ

「サイズ」が2種類

  • 70mm
  • 95mm

東芝・パナソニックのLED電球については、この2サイズ展開になっています。
間違えるとわりとサイズ感が違うので、注意しましょう。

他のメーカーの製品だと90mmなど微妙に違うことも。

ボール電球タイプを使用するメリット

電球自体が大きいので、明るさが分散され、普通サイズの電球より柔らかな灯りになるところです。

基本は口金は「E26」です

ボール電球タイプの口金は「E26」がほとんどです。
「E17」でお探しの方は…すみません…こちらではご案内ありません。

白熱電球の場合、サイズが豊富

125mmや50mmなどのサイズが存在しており、アサヒから発売されているので、お好みで使用するのが良いと思います。ただ、大きい電球を交換するときはシェードの間口が入るかどうか測る必要があると思います。

ナカオランプの見本画像は95mmを使用

基本的には95mmの白熱電球を使用しています。写真を撮る時には白熱電球の方がキレイに写る気がして…ただ実用面(寿命と電気代)では、LED電球の方が圧倒的でしょうか。

白熱電球とLED電球で形がかなり違います

普通サイズの電球と違うのが、まだLED電球の形が白熱電球と同様に完全に丸いデザインになっていないところでしょうか。
基本は東芝推しなのですが…ボール電球はパナソニックの方が形が好きです。