ブログ更新「コード長さ調整について」2018/05/14

ペンダントコードの長さ調整について

調整依頼なしでご注文頂いた場合

標準で50cmのコードのが付属しますので、コード部分は50cmになります。
写真は50cmのコードを取り付けた状態で全体を撮影しています。

コード調整のご注文方法

50cm未満の場合
ご注文操作の必要はありません。
ご注文時の備考欄に下記のように製品名と一緒にご記入ください。
例)「NLOコード30cm・NLHコード40cm」など

51cm以上の場合
「オプション」のページで「コード長さ調整」をご注文ください。
購入数1につき1台になりますので、台数分ご購入ください。
51~100cm +1,000円
101~150cm +1,500円
151~200cm +2,000円
201cm以上はお問い合わせください。
ご注文時の備考欄に下記のように製品名と一緒にご記入ください。
例)「NLOコード80cm・NLHコード140cm」
この場合は「51~100cm」と「101~150cm」を1つずつご購入になります。
※1cm単位でご指定が可能ですが、前後1cm程度の誤差が発生する場合がございます。ご了承ください。

参考

オプションコード長さ調整のご注文はこちらから

実際にコードの長さの決める

シェードの位置を決める
シェードの下にテーブルがある場合(ダイニングなど)は、
テーブルから60~80cmの位置にシェードの底面があるのが良いとされています。
あくまで目安ですので、実際に着席した状態でどのあたりが良いか、
テーブルのスペースを遠目から見た位置関係など、お好みで微調整していくのが良いと思います。
シェードの下に何もない場合は…
・頭に当ててしまう
木なので柔らかいですが、やはり当たると痛いです。
・目線の邪魔をしないか
シェードの向こう側に見えた方が良いものがきちんと見える高さにしないと邪魔になります。
・家具の配置と合わせる
全体的に低い家具なのにシェードが高い位置にあるとアンバランスです。お部屋全体の重心も重要です。

感覚も重要です(ご家族の身長も考慮する)
テーブルから80cmだと150cmくらいの位置がシェードの底面になります。
背の高い方だとシェードを見下ろすような位置になりますので、少し変な感覚になると思います。

実際にメジャーで測ってみる

位置が決まったら、メジャーで天井からシェードの底面までの距離を測ってみてください。
気を付けたいのが、天井の照明用器具の高さを考慮したいので、照明用器具の底面から測るのが良いです。
例えば天井から70cmだとすると…
シェード高さ20cm+3cm(諸々の器具の合計が3cmくらいあります)を引くとコードの長さは47cmになります。
厳密に指定したい場合は、シェードを含めた合計の長さをご指定して頂いて大丈夫です。
ただコードが45cmになるか55cmになるかで価格が変わりますので、
追加でお支払いや返金などはご面倒をおかけしますので、だいたいどのくらいになるか測っておいて頂くのが良いかと思います。
時間がとれない・わからない場合はご注文前にお気軽にお問い合わせください。

※新築で照明をお選びの方
新築の場合、現在お住まいのお部屋とは天井の高さが違う場合がありますのでご注意ください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください

今回は「コード長さ調整」のご注文について、詳しくまとめてみました。
何かわからないことや、ご自身の環境について聞いてみたいことなどございましたらお気軽にお問い合わせください。

参考

お問い合わせフォームこちらからお問い合わせください